急性の治療なら整体院より整骨院

整骨院は、柔道整復師の国家資格を取得した人が治療(柔道整復術)をおこなっている施設です。整体院では保険治療を受けることができませんが、整骨院の場合保険適用で治療を受けることができます。ただし、保険が適用される治療は、決められているので確認しておきましょう。整骨院での診療で保険適用とされるのは、「負傷原因が急性または亜急性(急性に準ずる)の外傷性の負傷」です。例としては、骨折・不全骨折・脱臼・捻挫、打撲、挫傷などの診療が対象となります。なお、骨折・不全骨折・脱臼に関しては、医師の同意を受けていることが必要です。医師によるレントゲンなどの診断を受けた後に整骨院での診療を受ける必要があります。急性の捻挫、打撲、挫傷については、医師の診断なしに整骨院での診療を受けることが可能です。この場合でも、3ヶ月以上の長期にわたる場合や1回の治療で4カ所以上の施術を受ける場合などには、その理由を示す書面の提出が要求されます。このように保険診療を受ける場合には、様々な条件が課されるので気をつけておきましょう。施術を受けた後で、適用外治療だということになると全額自費負担ということになります。慢性的な症状や年齢からくるものなどは適用外とされるので注意しておきましょう。

新着情報

↑PAGE TOP